thinkabout秋田に暮らし日々思うこと、感じること、考えることを書いています。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
集大成 06:50

 

秋田市や五城目町でまちづくりの取り組みをやってきた経験から

新屋の持つ数々の魅力と

人を呼び寄せる為の既存の施設やコンテンツの多さに可能性を見出し、

「秋田にいかにして人が来るようにするか」

このテーマでの活動拠点を新屋に移したのは4年前。

一番の理由は自分が好きな町家が数多く残り、

拠点になり得る渡邊幸四郎邸の存在があったからです。

 

年間約28万人の来園者がある大森山動物園。

11月〜3月は休業してもこれだけの人が訪れていて

その内1/3は県外からの観光客で10万に近くの人が

冬季間を除いて秋田に来ています。

 

そして秋田公立美術大学の存在。

著名な講師陣、全国各地から集まる学生と

アイデア豊富で意欲的なまちづくりに必要不可欠な人材が

沢山いらっしゃいます。

 

江戸時代以降、武士が移り住み武家屋敷が出来き、

北前船の往来と、豊富な湧き水、製塩業があったことで

味噌、醤油、しょっつる(一説によると新屋発祥)、

日本酒などの醸造業が栄え、うどんなども作られていました。

 

幕末の戊辰戦争の際は大森山に大砲が作られ、

忠専寺には佐竹藩の本陣も置かれ、

当時の本堂は今も残っています。

 

忠専寺以外にも江戸時代以降の伝統的建築物が現存しており

その中の一つ、明治23年建築の渡邊幸四郎邸で

今までライブや飲食屋台、縁日などのイベントを開催したり、

2年前からは新屋レコーズもスタートしました。

 

2年前に新屋ガラス工房もオープンしました。

敷地内には大きな広場もあり、

飲食屋台、縁日や子供のあそび場をやったりもしました。

ここのカフェも手がけました。

公募した9名の美大生にカフェのプロデュースをしてもらい

店名も彼女たちが命名した喫茶わわわに変更しました。

地元の皆さんのご協力を得ながら新屋うどんの開発もしました。

 

昨年から、今後の取り組みについて考えてきましたが

ガラス工房の喫茶わわわは3月を持って終了し

4月以降は渡邊幸四郎邸に移転して再スタートする事になりました。

 

珈琲の焙煎もはじめます。

エスプレッソマシンも導入します。カフェラテも新登場。

内装は写真の客間をそのままの状態で活かしながらリフォーム中です。

新しいメニューも検討中です。

お酒も飲めるようにします。

 

新屋レコーズも、秋田唯一のレコードショップ店としてオープンさせます。

まだまだ商品数が足りていませんので充実させます。

 

ヴィンテージ雑貨や家具なども販売します。

 

美大生にチャンスの場も提供します。

卒業生の作品を展示販売します。

美大生の作るTシャツの委託販売もします。

 

ピアノと音響機材もあるので、

ライブ、上映会、講演会なども企画します。

その為に座敷の一部もリフォームして

使いやすくします。

 

更に子育てや福祉関係のスペシャリストと連携して

3世代が一緒に楽しめる場として、

子育てサポートや、高齢者の生きがいの場として、

地域課題解決にも取り組んでいきます。

 

隣の旧事務所はシェア工房と

ギャラリー、ワークショップ、小規模セミナーなどが出来る

フリースペースとして運用します。

おくり舟の製造販売拠点も当面はここで行います。

家具のリペアや古材販売も行います。

屋号はARAYA WOODWORKSで

美大生にグラフィティーでロゴを制作してい貰いました。

 

土日は毎週マーケットも開催します。

レコード、古本、雑貨、食品、古着などからスタートして、

一年かけて大規模なマーケットに成長させます。

 

そして来年、このマーケットの出店者の中から

周辺の空家や空店舗に出店する仕組みを作り、

移住者も増やしていきます。

 

新屋ができたら、次は山王をやります。

 

フェスの再開も来年を目途に少しずつ動き出してます。

夏には新展開があるかも!

 

レッドハウスオープンの2003年から16年、

自分が目指してきたまちづくりのゴールが見えてきました。

多くの人に支えられ、助けてもらってきました。

感謝申し上げます。

 

ラストスパート、行きます。

| まちづくり | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
今をいきる 17:40

8年前の地震発生時は、川反横町の路上で車の中にいました。

信号待ちで突然車が横揺れし、誰かがいたずらでもしているのかと思ったら

電線が大きく波打っているのが目に入り、ただ事ではない事を理解しました。

車から降り、揺れが収まるのを待ちましたが

それまでに体験したことのない長い時間の地震の揺れでした。

その間に、確か信号の灯りも消えていたと思います。

 

その後当時住んでいた八郎潟町や五城目町へ戻り

町の様子を車で確認して回りました。

 

幸い秋田県は殆ど被災することなく

停電も断水も一時的で、

ガソリンを給油するのに時間が掛かったり

流通網が回復するまで買物に支障が出た

ぐらいの影響しかありませんでした。

 

私の自宅も特段被害も無く、

ガスはプロパンで、

水道も物理的な物でしたので、

地震の当日以降も電気以外は支障なく使えていました。

 

私は当時政治活動をしていたのですが一切の活動を中断し、

3月20日に炊き出しと食料や日用品の物資を大船渡と南三陸町へ届ける事になり

その準備に取り掛かり、当日は物資を届けに向かいました。

 

9月には秋田県曹洞宗青年会からの依頼で

石巻市渡波の宮殿寺で小沼ようすけコンサートを開催し、

10月には横手市平鹿町の香最寺で鎮魂供養コンサートも開催し

翌年以降もソロライブをするようになりました。

 

2012年からは、大槌町の友人に自分の米を届けたいという

五城目の竹田さんの手伝いをしました。

 

一昨年は福島市のイベントの手伝いへ行きました。

 

これ以外に直接的に震災支援と言える事は

この8年間する事が出来ませんでした。

 

秋田にいると、直接的に出来る支援は私の身の回りには無く、

自分に何が出来るだろうと考える事しか出来ませんでした

 

将来を見据え、毎日を精いっぱい生きる事、

今の自分に出来るのはそれだけ。

人のために何かできるとしたら、

その後だろう

 

 

そう思いながら月日は流れ、今に至っています。

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
ブログの勧め 21:22

今年に入って1月24日からブログを再開しています。

5年ぶりの再開でした。

 

初めてブログを書いたのはいつだったのか、もう覚えていません。

facebookもtwitterも無く、mixiがあったかなかったかのころです。
 

ブログを書いていると、

良い面も悪い面もあり、

blog beginnerの頃は、誹謗中傷を真に受け

心を痛めていたりもしました。

 

でも、ブログと書く事は良い面の方が多いと思います。

それは何かというと、自分の考えていることや、

今取り組んでいること等を伝えられるからです。

 

今となっては色々なSNSがあるので

ブログの需要も薄らいでいることはあるかもしれませんが、

こうやって長文を書いて表現するには

SNSよりブログの方が断然良いと思います。
見たい人しか見ない(読まない)という媒体ですので、
書く側もオフリミッットで書ける訳です。
ブログをやっていたおかげで、
自分の考えを露わに伝えることが出来、
そのおかげで普通では繋がることの出来なかった人と知り合えた事も実際にありました。
私のブログを読んでご丁寧に連絡を頂き
励ましや激励もいただいたこともありました。
友人や知人にも、
直接は話す機会が無くても
自分が何を考え、何をやっているのか
自然に伝わっていて、
いざお願いごとをしようとした時なんかは、
状況を既に把握し、
2つ返事で説明なしで引き受けてもらうなんて事も多々ありました。
事を起こしたい、
新しい事にチャレンジしたい人は
ブログというツールを是非活用していただきたいです。
自分自身の考えを客観的に確かめることも出来るし、
世に自分の考えを曝け出すことで、自分を鼓舞する事にも繋がります。
そういう訳で、私もブログを再開した訳なんですよね。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
moment 19:33

2007年、私がジャズフェスティバルの開催へ向け、

着手するかしないかの決断に迫られた時、

第六感的にやろうと思えた瞬間があったのを覚えてます。

それは周りの雰囲気や、自分を取り巻く環境、そばにいる人など

いろんな条件が重なりはじめて思える瞬間です。

後にも先にも、そういう瞬間は中々ありませんでしたが、

今まさに、そういう状態にいると思います。

 

もうじきリリースします。

 

今日はこのぐらいにしておきます。

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
お詫びと約束 05:28

20歳のころ、憧れた人物の一人がJFKでした。

ですが、自分が政治家になろうとは考えもしませんでした。

来月は4年に一度の統一地方選挙があります。

今では話題に上がることもなく、

その後知り合ったほとんどの人が知らない事ですが、

実は私も8年前に出馬をしました。

 

結果は惨敗で、自分の人生にも影響を与えた事ではありましたが、

何事にも臆することなくチャレンジをするのは自分の良さでもあり悪い所でもあり、

自分だけならまだしも、

家族や親しい人も巻き込んでしまう事になりました。

 

スタッフの皆さんにも未だに申し訳なく思ってます。

 

当時の他の候補者や、現役の議員、スタッフは皆同世代。

短い間でしたが、こんな環境で共に戦う事が出来たのは刺激的であり、

楽しくもあり、

当選すれば一緒に仲間の一員として政治の枠を超えた

色々な事が出来ていたと思いますが、

それが出来なかった事が一番残念です。

 

秋田の事を普通では見ることの出来ない

違った角度から見る事が出来た事も

貴重な経験にもなりました。

 

その後も政治活動を続けて、

自分にその資格があれば、

再チャレンジする道もあったのかもしれませんが、

私が進んだ道は、

手段は政治ではない自分なりのやり方であろうと、

当選してれば出来たであろう以上の事をやっていくという事でした。

 

今でもテレビで同期の議員の姿を見るたびに、

当時のその決断通りの事をやっているのかと

自分に言い聞かせています。

 

出馬して良かったと思ってますし、

その後の自分の歩んできた道も間違ってないと思ってます。

 

人に迷惑を掛けた分は、これからやっていく事を実現させながら、

結果でお返しする以外に方法は無いと思ってます。

 

 

20歳でJFKに憧れを抱いた後は

体制を批判するBob MrleyやJimi HendrixやJohn Lennonの言葉に感化された訳ですが

最終的にChe Guevaraに行きついたのは
振り返ってみると自然な流れだったかもしれません・・・
今日からまた、ゲリラのような日々を生き抜いていきます。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
卒業 20:13

昨日は美大生の卒業生を送る会でした。

22歳の彼女たちが生まれた年、
自分も22歳という特別なタイミング。
彼女たちと同じ年の時の自分はどんなだったか、
とか、色々考えさせられました。
それから、22年
先輩たちには色々と助けられたり、
かわいがってもらったり、
でした。
自分も同じように出来ているか、
分かりませんが、
出来る限りの事をしてあげたいと思う訳です。
そんな22歳の若者に伝えたいのは、
海外へ出ろ
ですかね。
何かをしたい、
したいけどまだ見つからない。
これをやりたい。
そう思うなら、海外へ行けと言いたいです。
私も今年こそ、海外へ行きたいと思う次第です。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
パトロン 22:46

先日美大の卒業制作展を観に行った事はここでも書きましたが、

気になったのは、作品の行方。

 

大がかりな物や、高さ2m以上で大人4,5人でやっと運べるような作品もあり、

卒業後はいったいどうなってしまうのか、疑問に思いました。

 

ある学生に事の事を聞いたところ、

大きい物など、保管場所を確保できない物は廃棄処分するのだそうです。

 

とてもショッキングな事ですが、

行先が決まらなければ仕方ない事かもしれません。

 

でも、何とか出来ない物でしょうか?

 

そんな中、3月上旬に美大生の作品の販売会を

フォンテで開催するんだそうです。

今年から初めて行われるようになったそうで、

とても良い試みだと思いました。

 

私も是非行って、気に入った物があれば購入したいと考えてます。

 

ただ、やはりここでは大きな作品は販売しないとの事で、

なんでもかんでもとは言いませんが、

どうにかして残してあげたいものです。

 

だからと言って、無料で引き取るというのも

ちょっと違うと思います。

廃棄するよりは残った方が良いでしょうが

それとこれとは別問題だと思うからです。

 

私が富豪なら、

学生の言い値で購入してあげたいところですが

残念ながらそんな身分でもありません。

でも一人では無理でも、共感してくれる人でお金を出し合い

それで購入する事は出来なくは無いと思います。

 

作品を売ったお金で、アーティストたちは

次の創作や生活費に充てられる訳です。

 

美大関係者にも相談して、

新しい仕組み、考えてみたいと思います。

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
スマートモビリティの研究 09:03

サステナブル・シティの最先端

富山市「SDGs未来都市」 コンパクトシティが示す持続可能性

 

 

先日のNPOの例会で、来年度の新規事業提案について議論しました。

「スマートモビリティ研究事業」を新たにはじめます。

 

まずは、富山をはじめ、他地域の事例を調査したり、

ポートランドやオスロなどの現状調査から

スマートモビリティについての研究がメインになると思います。

 

年度末までには研究発表も行いたいと思います。

 

それを基に、秋田市にマッチした交通システムの形を

考えていきます。

 

更に再来年度以降の事業内容も計画して

事業に必要なメンバーを集めていくのが初年度の計画です。

 

秋田市に莫大な費用が掛かる次世代型路面電車(LRT)の導入は

現実的ではありませんが、かつては秋田市でも運行していた

路面電車についても調査研究したいと考えてます。

広小路の車道が歩道より高いのは、

その名残だということも有名な話です。

 

JR、路線バス、タクシー、自動運転自動車、ナイトバス

シェアカーリング、電動スクーター、シェアサイクル、

電動キックボード、歩行などなど

秋田市の未来のモビリティについて考えていき

その実現を目指していいければと考えています。

 

| バリアフリー | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
DO THE RIGHT THING 23:17

スパイク・リー監督、ついにオスカー受賞。黒人差別や社会問題描く、力強いスピーチに賞賛集まる

 

10代は映画ばかり観ていました。

勉強より、映画を観ていた時間の方が多かったと思います(笑)

レンタルビデオとWoWoWのおかげで。

 

高1の時に、"DO THE RIGHT THING", "NEW JACK CITY", "COLORS", "JUICE"などを観て

アメリカのブラックカルチャーに興味をもち、

その影響で黒人の公民権運動や人種問題にも関心を持つようになりました。

中でも"MALCOLM X",は作品としても面白いと思ったし、

一人の人間が信念を貫き、命がけで世の中に挑んでいく姿に

多大な影響を受けた映画の一つです。

 

バブル終盤の平和な時代に、

国や時代は違えど、若者が国や社会に戦いを挑んでいく姿には

強烈なインパクトがありました。

全て真実でしたし。

ベトナム反戦運動なんかも。

 

多感な時期に、アメリカに対する憧れが増大したのは

間違いなく映画からの影響が大きいと思います。

 

とりわけSpike Leeの作品には、

強いメッセージ性と強烈な個性が他の映画とは全く異質な

強烈なパワーがあったと、

今でも当時自分が受けた感動を鮮明に覚えています。

 

Congrats spike !

| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
ふるさと納税 12:53

ふるさと納税でギフト券100億円… 返礼品のあり方とは?

 

大阪府泉佐野市は2月5日(火)、ふるさと納税の返礼品に加え、

Amazonギフト券100億円分を提供するキャンペーンを始めたと発表しました。

 

 

この税収で、小中学校の給食無償化にしたりするそうですが、

100億円のうち、いったいアメリカのAmazonどのくらいのお金が流れるのでしょう。

本来日本の税収となるべきお金が、海外の一企業に行ってしまう訳ですよね?

 

 

私もAmazonは利用しています。

安いし、楽だし、便利です。

 

かつて、郊外に量販店が増えて、

結果的に地元の商店等は打撃を受けて、

閉店してしまうところが多数出てしまいました。

 

そして昨今は、

ネット通販の影響で、

量販店の売上が減少し、

以前秋田市にも多くあった電気屋は

かなり少なくなりました。

 

アメリカでは、Amazonだけに消費者が流れないように、

マイクロソフトとウォルマートが提携し

ネットで注文した商品を地元の店舗で受け取ることが出来るサービスをはじめます。

 

 ウォルマートとマイクロソフトが提携、アマゾンに対抗

 

また、ニューヨーク市はAmazonの第2本店の誘致に手を上げ、

Amazonと合意しましたが、市議会議員が中心となり反対し、

本社計画を断念したそうです。

 

Amazon、ニューヨーク本社計画断念「地元の反対を受け」

 

 

ネット通販が主流になると、税収や雇用が減少してしまいます。

地方で生き残れるのは資本力のあるチェーン店だけになり、

買物はネット通販、食事はチェーン店と

独自性の無いまちになってしまうのではないか危惧しています。

 

地域にお金が落ちる仕組み、考えられない物でしょうか?

マイクロソフトとウォルマートのような仕組みを

都道府県とか、東北とかの規模でやれば出来るのではないでしょうか?

 

海外の企業に莫大な円が流れる仕組み、

このままでいいのでしょうか?

 

次世代に責任のある私たちが何とかしていく必要があると思います。

 

| まちづくり | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yosukehaga -
| 1/20 | >>