村守る、命かけても
 ー聖農 高橋正作の生涯ー 

 小野小町出生伝説で知られる秋田県湯沢市雄勝地区は、
横手盆地の最南端にあり、宮城と山形の県境に近い。
いで湯が湧き、地酒が造られ、雪のような素肌の清楚な美人が多い。
だがここに、百七十六年前の天保四年(一八三三)秋田で四十万人のうち、
十万人が餓死したという未曾有の飢饉が襲った。
 その時、三十歳の肝煎(村長)高橋正作は、
全私財をなげうって食糧を求め、
村人五五〇人余を飢えから救う決断をした。
私財を担保に資金を借り、
いち早く米穀を求めるため、幾晩も眠らず、血眼になって各地を奔走。
ついに食糧を得て、村から一人の餓死者も出さなかった。

 折しも院内銀山には、食糧を求めて各地から難民が集まり、
その労働力で、大量の銀鉱石が掘り出された。
だが銀鉱石から銀を洗練するための燃料になる炭の生産が追いつかず、
炭不足で閉山寸前に追い込まれていた。
 飢饉のため、炭焼きをする人々が衰弱し、
働けなくなっていたからだ。
このままだと秋田の重要な財源である院内銀山が危うい。
と同時に秋田の経済が破たんしかねない。江戸幕府も窮乏する。
 そこで正作は、まだ元気な自分の村をはじめ、
周辺の村々に炭焼きをすすめ、院内銀山に炭を送ろうとした。
そして炭の請負契約を成立させるため、銀山や役所を何度も往復した。
時は初冬。
荒野で暴風雨にあい、草鞋が切れて、足から血が吹き出たこともあった。
だが正作は、ひたすら走った。 

 こうして炭の販売が行われ、銀山は復活し、日本一の銀産出量を記録。
秋田をはじめ、わが国の経済が潤った。
しかも長引く飢饉にあいながらも、人々は、炭を売った代金で生きのびた。

 文久三年(一八六三)、歌人を志し家出した十九歳の石川理紀之助が、
この地で、六十一歳の正作と巡り逢い、その人間の大きさに感激し、
自らの人生の方向を決めた。
「自分は、弱い立場の民衆を命がけで救済した
正作翁のような農業指導者になりたい。
民衆を救う生涯こそが、歌人よりも尊い」と志を抱いた。
以来、理紀之助は正作から教えを受け、父のように慕ったという。
その後の理紀之助の足跡は、
窮民を命がけで救った師・正作の生き方に似ている。 

 七十七歳の時、理紀之助に懇願され、
秋田の勧業御用係(県の農業指導者)の筆頭として、
横手盆地を開墾させ、日本有数の米どころに変えた。
さらに県内をくまなく回り、農業全般にわたって
長年の豊富な体験に基づく実践指導に専念した。
 
 著書や種苗交換会では、稲作や畑作、開墾、養蚕、飢饉対策など
を具体的に説明し、秋田県農業の近代化に貢献した。
 広く全国に配布された著書『除稲虫之法』で農薬を否定し、
『農業随録』では、飢饉対策として食糧の備蓄を第一に唱えた。
 現在一三二回を数える秋田県種苗交換会の勧業談会(談話会)には、
初回から十四回まで指導者として参加し、理紀之助を支えながら、
その土台づくりに心血を注いだ。 
 正作の子孫が暮らす高橋家には、
むつまじい師弟関係を伝える和歌の短冊が残されている。

 「ふた葉よりかくはしき樹のかけしけり君はよそちの老の初花 正作」。
最愛の弟子理紀之助が四十歳になったのを祝った歌だ。
 すると理紀之助が正作に賛辞を送った。
「雲ゐまてきこえあケたる此君ハ
あきたあかた(秋田県)の宝なりケり 理紀之助」

 明治二七年(一八九四)、九二歳で没。
号泣する理紀之助が、県内九二カ所で、正作の追悼法要を行った。

 正作の生涯は、何を語りかけているのか。
食料自給率が低いわが国は、外国から多くの農産物を輸入している。
だが、その農産物が減少したり、外国との関係が円滑にいかなくなった時、
食糧はどうなるのか。
食糧確保に奔走し、飢饉から命がけで村人を守り抜いた
正作の生涯から学ぶべきものは大きい。

秋田魁新報社刊『村守る、命かけても 聖農高橋正作 伝』より
JUGEMテーマ:モブログ


白瀬矗(しらせ のぶ)
1861(文久元)年7月20日―1946(昭和21)年9月4日(86歳)

秋田県由利郡金浦村(現秋田県にかほ市)生まれ。

探検家。日本人で初めて南極探検をする。

11歳の頃に寺子屋の教師、佐々木節斎より北極の話を聞き、
探検家を志す。
この時佐々木は、白瀬に対し5つの戒めを課した。
それは酒、煙草、茶、湯を絶ち、
そして火にあたらないというものであった。
白瀬は生涯これを守り続けたとされる。
1879年(明治12年)7月に僧侶となるため上京するが、
2ヵ月後に軍人を目指し日比谷の陸軍教導団騎兵科に入校。
同時に幼名の知教という名を矗に改名した。


千島探検
1881年(明治14年)に教導団を卒業、伍長として仙台に赴任。
1893年(明治26年)に予備役となり千島探検隊に加わる。
探検隊は千島に到着するまでの間に暴風雨による遭難で
19名の死者を出しながらも千島列島に到着。
捨子古丹島に9名、幌筵島に1名の隊員を越冬隊として残し
(これら10人は壊血病の蔓延から
翌年までに全員が死亡・行方不明となった)
白瀬・郡司らは同年8月31日に最終目的地である占守島に到着、
そのまま同島で越冬した。

しかし翌年、郡司は軍からの強い要請によって帰還する事になる。
この時、郡司は当初全員を帰還させるつもりであったが、
郡司の父である幸田成延が、千島開発を途切れさせない為に
自分が占守島に残る事を強硬に主張。
郡司はこれを翻意させるため、
白瀬に成延の代わりとして占守島へ残留する事を要望する事になる。
白瀬も最終的にこれを承諾したが、
しかしこの2年目の越冬は過酷なものとなった。
白瀬を含む4人が壊血病に罹り、白瀬以外の3人は死亡。
壊血病に罹らなかった2人のうち1人はノイローゼとなり、
白瀬も病気による体力の低下から食料の調達が出来なくなり、
愛犬を射殺してその肉を食べる事でようやく飢えを凌いだ程であった。
白瀬らは1895年(明治28年)8月になって救助されたが、
この過酷な状況に追い込まれた事と、
越冬の為日清戦争に参加出来なかった事への悔やみから、
白瀬は郡司親子を恨むようになり、
以後郡司と白瀬の仲は極端に悪化する。

1900年(明治33年)国家事業として千島の経営を帝国議会に請願、
10万円の予算が通過したが、交付されないので、
密漁船でアラスカに渡り、6ヶ月間北緯70度で過ごした。
日露戦争では遼東半島に派遣された。

1909年(明治42年)にアメリカの探検家ピアリーの
北極点踏破のニュースを聞き、北極探検を断念、
目標を南極点到達とする。
しかしシャクルトンが南緯88度23分に到達したと知るや意気消沈、
イギリス政府がスコットが南極探検に来年も挑むと発表すると、
競争を決意した。


南極探検隊の結成と出発
開南丸1910年(明治43年)探検の費用補助を帝国議会に
建議(「南極探検ニ要スル経費下付請願」)、
衆議院は満場一致で可決したものの、
政府はその成功を危ぶみ
3万円の援助を決定するも補助金を支出せず、
渡航費用14万円は国民の義捐金に依った。
政府の対応は冷淡であったが国民は熱狂的に応援した。
同年7月5日に神田で南極探検発表演説会を開催、
当日南極探検後援会が組織され、
幹事に三宅雪嶺・押川方義・桜井熊太郎・村上濁浪・
田中舎身・佐々木照山、会長には大隈重信が就任した。
しかし船の調達が難航し、最終的に郡司に頭を下げ、
元漁船で、千島遠征に使用された積載量僅かに200トンという
木造帆船を買い取る事になる。
船は中古の蒸気機関を取り付けるなどの改造を施され、
「開南丸」と命名された。
因みに命名したのは東郷平八郎である。
極地での輸送力は29頭の犬だった。

同年11月28日、開南丸は芝浦埠頭を出港したが、
航海中に殆どの犬が原因不明
(後になって寄生虫症の為と判明する)の死を遂げた。
さらに、白瀬と書記長の多田恵一との間、
船長の野村直吉と他隊員との間に不和が起こる。
1911年(明治44年)の2月8日
ニュージーランドのウェリントン港に入港。
2月11日に南極に向け同港を出港したが、
氷に阻まれ立往生の危険が増した為、
オーストラリアのシドニーに引き返し5月1日に入港した。

ここで、資金調達の為多田と野村が日本に帰国したが、
後援会内部では村上濁浪が
会費を使い込んだ疑惑が起きて内紛が発生。
一方、シドニーで滞在していた本隊
(野宿で過ごし住民の不安を招いたが、後解消されている)
でも内紛が発生しており、
隊員による白瀬の毒殺未遂事件が起きたとさえいわれている。
これは山辺安之助らアイヌ隊員によって事前に阻止された。

大和雪原その後、探検用の樺太犬を連れて
シドニーへと戻った多田を加えた隊は、
表面上は和解して再び南極を目指し11月19日出港。
1912年(明治45年)1月16日に南極大陸に上陸し、
その地点を「開南湾」と命名した。
同地は上陸、探検に不向きであったため
ロス棚氷・クジラ湾より再上陸。
1月20日に極地に向け出発した。
探検隊の前進は困難を極め、28日に帰路の食料を考え、
極点到達を断念、南緯80度5分、
西経165度37分の地点に日章旗を掲げ、
同地を「大和雪原(やまとゆきはら・やまとせつげん)」
と命名して、
隊員一同「万歳万歳万々歳」と唱和した。
同地には「南極探検同情者芳名簿」をうめた。
なお、この地は氷上であり大陸ではない。


帰還
いざ大陸を離れようとすると海は大荒れとなり、
連れてきた樺太犬21頭を置き去りにせざるを得なくなった
(その内6頭は生還)。
この為、参加していた樺太出身のアイヌ人隊員の山辺安之助、
花守信吉は、犬を大事にするアイヌの掟を破ったとして、
帰郷後、民族裁判にかけられ有罪を宣告されたと伝えられる。
ウェリントンに戻ると隊の内紛は修復出来ない程になっており、
白瀬と彼に同調するもの数人は、
開南丸ではなく汽船で日本に帰ってきた。
他の者は6月20日、開南丸で帰国した。
帰国後、後援会が資金を遊興飲食費に当てていた事がわかり、
白瀬は数万円の借金を背負う事になる。
隊員の給料すら支払えなかった。
家財を売却して転居につぐ転居を重ね、
実写フィルムを抱えて娘と共に、日本はもちろん台湾、満州、
朝鮮半島を講演して回り、20年をかけて渡航の借金の弁済に努めた。


晩年
1946年(昭和21年)、愛知県西加茂郡挙母町(現豊田市)の、
次女が間借りしていた魚料理の仕出屋の一室で死去。
死因は「栄養失調による餓死」
(または腸閉塞とも。2007年6月11日朝日新聞夕刊より)。
享年85。白瀬の死後、遺族の窮状を見かねて
挙母町の浄覚寺の住職が引き取った
(なお、第1次南極観測隊隊長の永田武は偶然にも、
戦争中、浄覚寺に疎開している)。
愛知県幡豆郡吉良町に「大和雪原開拓者之墓」の墓碑がある。


その他
白瀬の功績をたたえ、南極観測船「しらせ」が彼に因んで命名された。
また、南極ロス海棚氷の東岸は白瀬海岸と命名された。

秋田県にかほ市には白瀬南極探検隊記念館がある。

1970年に日本女性として初めて小型ヨットによる
世界一周を果たした白瀬京子は弟の孫。
京子は白瀬南極探検隊記念館の初代館長に就任したが、
開館直前に死去。

また、「秋田ふるさと村」(横手市)のマスコットキャラクター、
秋田犬の「ノブ君」の名前は白瀬に由来する。

和井内貞行(わいない さだゆき)
秋田県鹿角市生まれ。

1858(安政5)年−1922(大正11)年

十和田湖開発に命を賭けた偉人

現在十和田湖は、年間200万近い客が訪れる東北有数の観光地であり、
そのヒメマス漁獲高も日本屈指の豊かな湖です。
しかし百年前までそこは一年の内の半分は雪に覆われた、
訪れる人もなく、魚の影すら見えない死の湖だったのです。
その死の湖を現在の豊かな湖に変えるため生涯を捧げたのが
“十和田湖開発の父”といわれる和井内貞行だったのです。

和井内がはじめて十和田湖に接するのは、
1881年(明治14年)湖畔にあった小坂鉱山に赴任した時です。
2500人の鉱山労働者の食事はすべて干物か塩漬け。
新鮮な魚を何とかして提供できないものか・・・
この夢こそ和井内が生涯をかけて
十和田湖の養殖事業に乗り出す契機になったのでした。

鉱山に来てから3年ののち、
彼ははじめて鯉の稚魚600匹を手に入れ湖水に放流します。
この日こそ十和田湖養魚の歴史の第一頁であるとともに、
和井内貞行試練のはじまりの日でもあったのです。
その後12年間に放流した鯉の数は3万匹。
しかし順調に育っても群れる習性のない鯉の捕獲は困難を極め、
最初の試みは失敗に終ってしまうのです。

1897年(明治30年)鉱山を退職した和井内は
本格的に養魚事業に取り組みます。
次の標的はカワマスでした。
日本各地の孵化場を見学し、
長男を東京の水産講習所に送るなどして、
十和田湖にマスの孵化場を自費で作り、
カワマスの稚魚を放流し一家の浮沈をかけたのでした。
2年がたち3年が過ぎていきます。
しかし網にかかったのは僅か数匹、
カワマスもまた失敗したのでした。
その頃彼は北海道支笏湖で
養殖されているヒメマスのことを知ります。
そして三度目の挑戦がはじまります。
全財産をはたいてヒメマスの卵を購入し、
卵の黄身を餌に孵化させ、
5センチほどに成長した稚魚5万匹を
はじめて放流したのは1903年春でした。

そして2年半。
1905年秋、風が全くないのに
十和田湖の湖面はさざなみで揺れています。
ヒメマスが産卵のため大挙して浅瀬に押し寄せてきたのです。
養魚を志して22年、
和井内貞行の血の吐くような努力がとうとう実ったのでした。

土地の人々は今でも、
十和田のヒメマス一匹一匹の中に、
和井内貞行の情熱が刻みこまれていると言います。


内藤湖南(ないとう こなん)
秋田県鹿角郡毛馬内(現・鹿角市)生まれ。

1866(慶応2年7月17日)−1934(昭和9)年6月26日 67歳

東洋史学者。
東洋史学・日本史学に新しい学風をおこした偉人。

13歳のときに『日本外史』を通読したという。
秋田師範学校卒業後、
1885年綴子(つづれこ)小学校の
主席訓導(実質的には校長)を勤めた後、
1887年(明治20年)に上京。

上京後、大内青巒が主管する仏教雑誌「明教新誌」の記者となり、
その後は「三河新聞」や雑誌「日本人」、「大阪朝日新聞」、
「台湾日報」、「万朝報」などの編集で名を馳せた。
日露戦争に於いては開戦論を展開し、
1907年(明治40年)に京都帝国大学(現京都大学)の文科大学史学科に
講師として招かれた(東洋史学講座)。
1909年に教授、1910年に時の総長の推薦を受けて文学博士となり、
二十年を東洋史担当として勤め、
同僚の狩野直喜・桑原隲蔵とともに「京都支那学」を創設、
京大の学宝とまで呼ばれた。

内藤の論の代表的なものとして、独特の文化史観に基づき、
中国史の時代区分を唐と宋の間を持って分けるというものがある。
内藤は秦漢時代を上古と規定し、
後漢から西晋の間を第一次の過渡期とし、
五胡十六国時代から唐の中期までを中世とする。
そして唐の後期から五代十国時代を第二の過渡期とし、
この時代をもって大きく社会が変容したとする。

邪馬台国論争については、白鳥庫吉の九州説に対して、
畿内説を主張し、激しい論争を戦わせた。

白鳥庫吉とは「東の白鳥庫吉、西の内藤湖南」
「実証学派の内藤湖南、文献学派の白鳥庫吉」と称された。

戦国武将内藤昌豊の子孫であるという家系伝承を持ち、
湖南は父・十湾の命で
長篠古戦場跡の昌豊の墓を訪ねたことがあるという。
(三田村泰助『内藤湖南』による)

湖南を京都帝国大学教授にするという決断を下したのは
当時の学長狩野亨吉であるが、
文部省からそれに対し難色が示された。
秋田師範学校卒業という彼の学歴が問題になったのである。
このとき、
「お釈迦様でも孔子でも学歴のない人間は(教授として)認めない」
とさえ文部省側は言ったといわれているが、
狩野が遂に
「内藤をとらぬならおれもやめる」と押し通してしまったという
(この辺りの双方のやり取りは
諸説あるところで発言内容には異同がある)

一般に知られている内藤の発言としては、
「一体他流試合と申すもので、
一寸も私の専門に関係のないことであります」
といういささか挑発的な前置きで始まる講演「応仁の乱に就て」で示した
「大体今日の日本を知る爲に日本の歴史を研究するには、
古代の歴史を研究する必要は殆(ほとん)どありませぬ、
応仁の乱以後の歴史を知つて居つたらそれで沢山(たくさん)です」
という発言がある。
この発言はおおく日本中世史を論じるときに引用されている。

明治18年に主席訓導(実質的には校長だった)を勤めた綴子小学校は
父十湾ら南部藩の兵士が18年前の戊辰戦争で戦闘を行い、
民家を焼き討ちにして撤退していった綴子集落の中にある。
戊辰戦争と受けた被害のことは生々しく民衆の間に残っていた。
しかし、内藤湖南は新教育を施こして
村民の信頼を受けたと言われている。



大川兼任(?〜1190年)
奥州藤原氏が滅亡した奥州合戦の直後より
鎌倉政権への叛逆を企て、
1189年(文治5年)12月、出羽国に挙兵。
『吾妻鏡』によると総勢7000騎から最大で10000騎に及んだという。

一時は由利維平、宇佐美実政らを討ち取るなど
戦闘を優勢に進め平泉を占拠したが、
足利義兼を追討使とした追討軍に
栗原郡一迫(現栗原市)で敗れ敗走。
3月10日に栗原寺で地元の樵に立派な具足を怪しまれ、
斧で斬殺された。

安東愛季(1539〜1587年)
日本の極北にて、
都より約三百リーグを隔つる所に一大国あり、
野獣の皮を着、
全身多毛、
髪髭頗る長き蛮人之に住す。

蝦夷に近きゲスエン地方に秋田という大市あり。
彼等は多数此市に来りて貿易し、
秋田人も亦時々蝦夷に赴く」とあり、
代々蝦夷との交易を管理してきた檜山系安東氏として、
湊系との統一後も北方交易を行っていることが分かる。

文武に秀で、
秋田郡・檜山郡・由利郡などを版図に収めて
羽後(出羽北半)最大の大名となった彼は、
「斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり」と評された。

TDKの創設者 斎藤憲三

少年時代

齋藤憲三は、明治31年(1898年)に齋藤宇一郎とミネの三男として秋田県由利郡平沢村(現にかほ市)に生まれた。父の宇一郎は秋田の農業の発展に尽力し、代議士にもなった人である。憲三は地元の平沢小学校を卒業した後、本荘中学(現:秋田県立本荘高等学校)への進学を希望していたが、父の勧めにより大阪の名門私立校である桃山中学(現:桃山学院高等学校)に入学した。

失敗の連続
大正11年(1922年早稲田大学商学部を卒業後、産業組合中央金庫(現・農林中央金庫)に入社するも飽き足らず、程なくして退職する。その後は農家の副業奨励のため炭焼きや養豚などの事業に取り組むが、いずれも失敗。

1930年、齋藤は農家へのアンゴラウサギ飼育斡旋と兎毛の販売を目的としてアンゴラ兎興農社を設立、さらに1932年には衆議院議員の鷲沢与四郎を社長に迎えて兎の飼育と兎毛生産を行う東京アンゴラ兎毛株式会社を設立する。兎毛の営業活動を通じて当時紡績業界最大手であった鐘淵紡績(現カネボウ)社長の津田信吾の知己を得ることになった。成功するかに見えたアンゴラ兎事業であったが、コクシジウムという兎特有の伝染病が発生、さらに社長の鷲沢との対立もあり、1935年、齋藤は東京アンゴラ兎毛を退社する。

TDK創設
東京アンゴラ兎毛退社直後、齋藤はアンゴラ兎毛繊維の脱毛防止に関する技術指導として東京工業大学電気化学研究室の小泉勝永を紹介された。既にアンゴラ兎とは縁が切れていた齋藤であったが、将来の事業のヒントを求め1935年7月9日、東工大に小泉を訪ねた。話し合ううちに斎藤と小泉は意気投合し、齋藤が小泉に津田信吾を、小泉が齋藤に電気化学研究室教授の加藤与五郎を紹介することを約束する。(後に津田に面会した小泉は鐘紡理化学研究所の所長に抜擢された)

加藤に面会した齋藤は、「これからの日本は軽工業と重工業のどちらに重点を置くべきか」と質問した。それに対する加藤の答えは「今の日本に工業など存在しない。西洋の模倣ではなく日本人の発明を事業化しなければ真の日本の工業とはいえない」というものであった。この言葉に衝撃を受けた齋藤は、加藤の発明であるフェライトの工業化を目指す決意をする。 齋藤の申し出に対し加藤は、まだフェライトに市場価値が無いので特許は無償で譲渡する、ただし事業資金として10万円を用意することという条件を出した。齋藤は津田信吾から10万円の資金援助を受け昭和10年(1935年)12月7日、東京電気化学工業株式会社(現TDK株式会社)を設立する。

政治活動
平沢町長を経て、昭和17年(1942年)、第21回衆議院議員総選挙で翼賛体制協議会の推薦候補として当選。以来通算5回当選。翼賛政治会に所属するも、次第に反東條色を強め、昭和20年(1945年)3月には船田中赤城宗徳橋本欣五郎三宅正一ら親岸信介派の議員とともに「護国同志会」結成に参加する。戦後は昭和21年(1946年)に公職追放されるが、昭和26年(1951年)に解除。昭和28年(1953年)の第26回衆議院議員総選挙で当選し、議員に返り咲く。自由民主党では岸派→福田赳夫派に所属。科学技術庁の発足に尽力し、その初代政務次官となった。

昭和45年(1970年)に死去。享年72。

1