内藤湖南(ないとう こなん)
秋田県鹿角郡毛馬内(現・鹿角市)生まれ。

1866(慶応2年7月17日)−1934(昭和9)年6月26日 67歳

東洋史学者。
東洋史学・日本史学に新しい学風をおこした偉人。

13歳のときに『日本外史』を通読したという。
秋田師範学校卒業後、
1885年綴子(つづれこ)小学校の
主席訓導(実質的には校長)を勤めた後、
1887年(明治20年)に上京。

上京後、大内青巒が主管する仏教雑誌「明教新誌」の記者となり、
その後は「三河新聞」や雑誌「日本人」、「大阪朝日新聞」、
「台湾日報」、「万朝報」などの編集で名を馳せた。
日露戦争に於いては開戦論を展開し、
1907年(明治40年)に京都帝国大学(現京都大学)の文科大学史学科に
講師として招かれた(東洋史学講座)。
1909年に教授、1910年に時の総長の推薦を受けて文学博士となり、
二十年を東洋史担当として勤め、
同僚の狩野直喜・桑原隲蔵とともに「京都支那学」を創設、
京大の学宝とまで呼ばれた。

内藤の論の代表的なものとして、独特の文化史観に基づき、
中国史の時代区分を唐と宋の間を持って分けるというものがある。
内藤は秦漢時代を上古と規定し、
後漢から西晋の間を第一次の過渡期とし、
五胡十六国時代から唐の中期までを中世とする。
そして唐の後期から五代十国時代を第二の過渡期とし、
この時代をもって大きく社会が変容したとする。

邪馬台国論争については、白鳥庫吉の九州説に対して、
畿内説を主張し、激しい論争を戦わせた。

白鳥庫吉とは「東の白鳥庫吉、西の内藤湖南」
「実証学派の内藤湖南、文献学派の白鳥庫吉」と称された。

戦国武将内藤昌豊の子孫であるという家系伝承を持ち、
湖南は父・十湾の命で
長篠古戦場跡の昌豊の墓を訪ねたことがあるという。
(三田村泰助『内藤湖南』による)

湖南を京都帝国大学教授にするという決断を下したのは
当時の学長狩野亨吉であるが、
文部省からそれに対し難色が示された。
秋田師範学校卒業という彼の学歴が問題になったのである。
このとき、
「お釈迦様でも孔子でも学歴のない人間は(教授として)認めない」
とさえ文部省側は言ったといわれているが、
狩野が遂に
「内藤をとらぬならおれもやめる」と押し通してしまったという
(この辺りの双方のやり取りは
諸説あるところで発言内容には異同がある)

一般に知られている内藤の発言としては、
「一体他流試合と申すもので、
一寸も私の専門に関係のないことであります」
といういささか挑発的な前置きで始まる講演「応仁の乱に就て」で示した
「大体今日の日本を知る爲に日本の歴史を研究するには、
古代の歴史を研究する必要は殆(ほとん)どありませぬ、
応仁の乱以後の歴史を知つて居つたらそれで沢山(たくさん)です」
という発言がある。
この発言はおおく日本中世史を論じるときに引用されている。

明治18年に主席訓導(実質的には校長だった)を勤めた綴子小学校は
父十湾ら南部藩の兵士が18年前の戊辰戦争で戦闘を行い、
民家を焼き討ちにして撤退していった綴子集落の中にある。
戊辰戦争と受けた被害のことは生々しく民衆の間に残っていた。
しかし、内藤湖南は新教育を施こして
村民の信頼を受けたと言われている。



大川兼任(?〜1190年)
奥州藤原氏が滅亡した奥州合戦の直後より
鎌倉政権への叛逆を企て、
1189年(文治5年)12月、出羽国に挙兵。
『吾妻鏡』によると総勢7000騎から最大で10000騎に及んだという。

一時は由利維平、宇佐美実政らを討ち取るなど
戦闘を優勢に進め平泉を占拠したが、
足利義兼を追討使とした追討軍に
栗原郡一迫(現栗原市)で敗れ敗走。
3月10日に栗原寺で地元の樵に立派な具足を怪しまれ、
斧で斬殺された。

安東愛季(1539〜1587年)
日本の極北にて、
都より約三百リーグを隔つる所に一大国あり、
野獣の皮を着、
全身多毛、
髪髭頗る長き蛮人之に住す。

蝦夷に近きゲスエン地方に秋田という大市あり。
彼等は多数此市に来りて貿易し、
秋田人も亦時々蝦夷に赴く」とあり、
代々蝦夷との交易を管理してきた檜山系安東氏として、
湊系との統一後も北方交易を行っていることが分かる。

文武に秀で、
秋田郡・檜山郡・由利郡などを版図に収めて
羽後(出羽北半)最大の大名となった彼は、
「斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり」と評された。


レッドハウス
ここから全てが始まりました。

アーティストやミュージシャン達と出会い
沢山の仲間が出来て
ジャズフェスの礎を築くことが出来たのも
このレッドハウスがあればこそでした。

これからはこのレッドハウスを拠点に
色んな事をやって行こうと思ってます。



2010年10月11日月曜祝日
18:30会場 19:00開演
会場 秋田市文化会館大ホール
主催 仲小路Jazzフェスティバル実行委員会
後援 秋田商工会議所、()秋田観光コンベンション協会、
NHK秋田放送局ABS秋田放送、AKT
秋田テレビ、AAB秋田朝日放送、
エフエム秋田、秋田魁新報社、朝日新聞秋田総局、毎日新聞秋田支局、
読売新聞秋田支局、あきたタウン情報、秋田経済新聞

プレイガイド
Caoca広場サービスセンター(秋田駅ビルトピコ2階)
ローソン各店(Lコード:27877)
サークルKサンクス各店(ぴあ・Pコード:114−352)
7月31日発売開始

本コンサート及び
千秋公園Jazz Impression vol.1の開催費用は、
本コンサートの収益金により賄われます。


メンバー
Yosuke Onuma(g)
小沼ようすけ(ギター)
Jacques Schwarz-Bart(sax)
ジャック・シュワルツバルト(サックス)
Milan Milanovic(Rhodes)
ミラン・ミラノヴィッチ(ローズ)
Reggie Washington(b)
レジー・ワシントン(ベース)
Olivier Juste(per)
オリヴィエ・ジュスト(パーカッション)
Arnaud Dolmen(per)
アーノウ・ドルメン(パーカッション)

この6月にベスト・アルバム『The Best』と
カリブ海の民族リズム“Gwo Ka”を採り入れた
ニュー・レコーディング『Jam Ka』を同時発表。

新世代を代表する俊英ギタリスト小沼ようすけが
欧米・カリブで活動する盟友たちと共に、
最新アルバムの世界をライヴで披露する。

14歳でギターを始め、2001年にソロ・デビュー。
ジャズ、ポップス、ファンク等の要素をブレンドした
スタイリッシュなサウンド作り、
指弾きによる美しい音色と圧倒的なテクニックで
日本のギター・シーンを牽引する存在となった。

今回のステージでは、

ディアンジェロ

エリカ・バドゥ

との共演でも知られる

サックス奏者ジャック・シュワルツバルト

をフィーチャー。

オーガニックなパーカッションとジャズ・ファンクが融け合う極上なサウンドを楽しみたい。

会期 8月8日日曜日
会場 五城目町 高性寺境内

プログラム
12:00〜12:50 本間貴士
13:00〜13:50 eart
14:00〜14:50 halos
15:00〜15:50 aluto
16:00〜16:45 セッション

今回は五城目出身のギターリスト
本間貴士プロデュースです。
http://honmatakashi.flop.jp/

eartは2回目です。
ギターの慎吾くんは
ovallという別のユニットで
フジロックに出演するそうです。
http://eart.nu/

alutoはバイオリンとギターのユニット。
http://www.aluto.jp/
バイオリンのほのかさんは
今年の正月に県内を巡るテレビ番組に出演してるのを見てましたが
東京を拠点に活動されているアーティストです。
http://www.akt.co.jp/tv/special/2009violin/index.html

halosは初出演です。
http://halos.cc/

最後の皆さんでのセッションも楽しみですね。

今回もお寺deマーケットと
飲食屋台も出店します。
出店したい方、
是非連絡ください。

今回は夏だし、
ビールの販売もありますよ!

詳しくはオフィシャルウェブサイトをチェックしてください。
http://jazzimpression.main.jp/

TDKの創設者 斎藤憲三

少年時代

齋藤憲三は、明治31年(1898年)に齋藤宇一郎とミネの三男として秋田県由利郡平沢村(現にかほ市)に生まれた。父の宇一郎は秋田の農業の発展に尽力し、代議士にもなった人である。憲三は地元の平沢小学校を卒業した後、本荘中学(現:秋田県立本荘高等学校)への進学を希望していたが、父の勧めにより大阪の名門私立校である桃山中学(現:桃山学院高等学校)に入学した。

失敗の連続
大正11年(1922年早稲田大学商学部を卒業後、産業組合中央金庫(現・農林中央金庫)に入社するも飽き足らず、程なくして退職する。その後は農家の副業奨励のため炭焼きや養豚などの事業に取り組むが、いずれも失敗。

1930年、齋藤は農家へのアンゴラウサギ飼育斡旋と兎毛の販売を目的としてアンゴラ兎興農社を設立、さらに1932年には衆議院議員の鷲沢与四郎を社長に迎えて兎の飼育と兎毛生産を行う東京アンゴラ兎毛株式会社を設立する。兎毛の営業活動を通じて当時紡績業界最大手であった鐘淵紡績(現カネボウ)社長の津田信吾の知己を得ることになった。成功するかに見えたアンゴラ兎事業であったが、コクシジウムという兎特有の伝染病が発生、さらに社長の鷲沢との対立もあり、1935年、齋藤は東京アンゴラ兎毛を退社する。

TDK創設
東京アンゴラ兎毛退社直後、齋藤はアンゴラ兎毛繊維の脱毛防止に関する技術指導として東京工業大学電気化学研究室の小泉勝永を紹介された。既にアンゴラ兎とは縁が切れていた齋藤であったが、将来の事業のヒントを求め1935年7月9日、東工大に小泉を訪ねた。話し合ううちに斎藤と小泉は意気投合し、齋藤が小泉に津田信吾を、小泉が齋藤に電気化学研究室教授の加藤与五郎を紹介することを約束する。(後に津田に面会した小泉は鐘紡理化学研究所の所長に抜擢された)

加藤に面会した齋藤は、「これからの日本は軽工業と重工業のどちらに重点を置くべきか」と質問した。それに対する加藤の答えは「今の日本に工業など存在しない。西洋の模倣ではなく日本人の発明を事業化しなければ真の日本の工業とはいえない」というものであった。この言葉に衝撃を受けた齋藤は、加藤の発明であるフェライトの工業化を目指す決意をする。 齋藤の申し出に対し加藤は、まだフェライトに市場価値が無いので特許は無償で譲渡する、ただし事業資金として10万円を用意することという条件を出した。齋藤は津田信吾から10万円の資金援助を受け昭和10年(1935年)12月7日、東京電気化学工業株式会社(現TDK株式会社)を設立する。

政治活動
平沢町長を経て、昭和17年(1942年)、第21回衆議院議員総選挙で翼賛体制協議会の推薦候補として当選。以来通算5回当選。翼賛政治会に所属するも、次第に反東條色を強め、昭和20年(1945年)3月には船田中赤城宗徳橋本欣五郎三宅正一ら親岸信介派の議員とともに「護国同志会」結成に参加する。戦後は昭和21年(1946年)に公職追放されるが、昭和26年(1951年)に解除。昭和28年(1953年)の第26回衆議院議員総選挙で当選し、議員に返り咲く。自由民主党では岸派→福田赳夫派に所属。科学技術庁の発足に尽力し、その初代政務次官となった。

昭和45年(1970年)に死去。享年72。


http://sbyokke.jugem.jp/?cid=1

5月17日のイベントB-15の打ち合わせの最中に
とある知人が来店しました。

5月中旬にジョエルのライブをやらないかと・・・

この日は丁度あきえが和田君の伴奏でライブをする予定だったので
メンバーの後押しもあったことから
開催を決めました。

そして和田君にJoellの伴奏をお願いしたところ承知してもらえたので
後日Joelleの秋田のマネージャーでもあるお母さまと打ち合わせをしました。

そしたら、ベースも欲しいという事になり
あれよあれよという間に、じゃーUnder4と共演でという嬉しい事体になりました。

嬉しい限りです。
というか本当に楽しみです。

Joelleのお父さんは偶然にも私が高専時代の英語教師でした。
当時くじ運が悪く一番前の席だった私がある日テーブルの上に
CDプレイヤーとGuns 'n RosesのCDを広げていると
おもむろにヘッドホンを手に取り「キイタコトナイデス」と言って聞き出しました。
不満げな表情でフムフムと首を小刻みに振りそのまま授業へ雪崩れ込みました。
まさかその先生の娘さんが自分の店でライブをやる事になろうとは・・・
面白いですね。

狭い店ですので、
ご予約はお早めにー