「関口シンゴ」名義での初ソロアルバム『Brilliant』を引っ提げた
 全国リリースツアーの開催が決定!

関口シンゴ Brilliant Tour 2015
■ 日程 2015. 4. 18 (sat.)
■ 時間 open 19:00 / start 20:00
■ 料金 adv. 2,500円 / door 3,000円 ( +1drink )
■ ご予約・お問い合わせ Redhouse 018-836-8588
関口シンゴ (Gt)
トオイダイスケ (Ba)
杉山賢一郎 (Dr)

関口シンゴ / Shingo Sekiguchi
ギタリスト/コンポーザー/プロデューサー。
14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲活動を開始。
風景・映像の浮かぶ音楽をコンセプトにしたソロプロジェクト vusik
こだまかおる(vocal)とのユニット EART
Shingo Suzukimabanua とのユニット Ovall (現在活動休止中)など様々なプロジェクトで活動中。
楽曲制作からレコーディング、ミックスまでを自らこなすマルチクリエイター。
2009年、Ovallのギタリストとしてアルバムリリース前に朝霧JAMに出演。
緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させ
オーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
2010Hocus PocusWaynaKenn StarrHanah、類家心平他世界中のアーティストが集結し
出来上がった1stアルバムはヨーロッパでもリリースされ話題となる。
その後FUJI ROCK FESTIVALSUMMER SONICRISING SUNGREENROOMSenSet Liveなど
様々な大型フェスに出演し注目を集める。
2014年、自身のバンドがスウェーデンより招聘され実現したライブでは
老若男女問わず地元のコアな音楽ファンから拍手喝采を浴び大成功を収める。
2015年3月4日、「関口シンゴ」名義で初のソロアルバムを
ビクターエンタテインメントよりリリース予定。
 
Shingo Sekiguchi is Japanese guitarist, composer and producer.
He started to play the guitar at 14 years old and compose songs at 20 years old.
Now he is multi-creator who do recording and mix by himself.
He have many project like vusik (guitar trio), EART (duo with Kaoru Kodama(Vo)) and
Ovall (trio with Shingo Suzuki(B) and mabanua(Dr)).
In 2009, he appeared on ASAGIRI JAM as Ovall.
They had not release 1st album yet, so it was first time to see them for audience.
But many audience said “Ovall was the best in this year!!”.
In 2010, Ovall released 1st album “DON’T CARE WHO KNOWS THAT”
feat. Hocus Pocus, Wayna, Kenn Starr, Shimpei Ruike and Hanah.
It was big buzz and they played big festival like FUJI ROCK FESTIVAL, RISING SUN,
GREENROOM and SenSet Live.
In 2014, Ovall broke up but Shingo is going to release the 1st solo album.


会期4月17日金曜日
18:30オープン 19:00スタート
チケット 前売3000円(ドリンク別)
2月17日発売開始
チケット販売
小松クラフトスペース 
電話 018−837−1118
Redhouse 
電話:018−836−0588(不定休)


昨年に続き2回目の開催。
サントゥールという世界で最も難しい弦楽器とも言われる演奏と
数多くのアーティストから引っ張りだこの人気タブラ奏者U-zhaanとの共演を
お楽しみください。
 
新井孝弘
1979年生まれ。ドラマーとして数々のバンドでの活動を経たのち、
05年より宮下節雄氏にサントゥールを師事。07年よりインドに渡り、
世界最高のサントゥール奏者Pt.Shivkumar Sharma氏に師事。
09年よりインド国内でデビュー、 コンサート活動を開始。
ムンバイ、ボパール、チェンナイなどインド各地で公演を続けている。 
12年インドの著名な声楽家Pt.Jasraj よりCross Cultural Understanding Awardを授与される。
現在もムンバイに在住。好きな食べ物はトンカツ。
 
U-zhaan
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。
'00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。
'10年に同ユニットを脱退、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」
ミスターモーニングナイト」等を自らのサイトから配信リリース。
salmon cooks U-zhaanの名義でも同サイトより3枚のアルバムを配信。
'14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム
『Tabla Rock Mountain』をリリースした。
インドからのツイッターでのつぶやきをまとめた書籍『ムンバイなう。』を'10年に出版し話題となり、
のちに続編『ムンバイなう。2(スペースシャワーブックス)』も刊行されている。
 
http://u-zhaan.com



5月16日土曜日
オープン20:30 スタート21:00
チケット前売3000円(ドリンク別)all standing

昨年8月に仲小路で開催されたBlock Partyで会場を大いに湧かせてくれた
竹内朋康さんがニューアルバムのリリースツアーで再び秋田に。
更に今回は総勢6名の豪華メンバー。

Gt. 竹内朋康
Key. タケウチカズタケ
Dr. 岡野 “Tiger” 諭 (Montain Mocha Kilimanjaro)
Sax. 栗原 健 (Montain Mocha Kilimanjaro)
Ba. 池田憲一 a.k.a. ROOT SOUL
Vo. 椎名純平

 
竹内朋康
 
1997年「SUPER BUTTER DOG」のギタリストとしてメジャーデビュー (2008年に解散)
2004年、RHYMESTERMummy-Dと共にユニット「マボロシ」を結成。
KREVAプロデュースのレーベルコンピレーションアルバムではラップも披露。
2011年、椎名純平と共に結成した「Dezille Brothers」としてデビューアルバム『だしの取りかた』をキングレコードよりリリース。
また、屋敷豪太 (Dr.)、鈴木渉 (Bass)と共にギタートリオ「Fiasco 3」を結成。
ギタリストとして、堂本剛率いるENDLICHERIENDLICHERIへの参加をはじめ、安室奈美恵、忌野清志郎、クリスタル・ケイ、さかいゆう、椎名林檎、Suger SoulNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDなど多数のプロデュースワークやレコーディングに参加している。
2014年、ギターのみならず全ての楽器を自ら演奏した初ソロアルバム『COSMOS』をorigami PRODUCTIONSよりリリース。先行シングルとして急遽配信リリースした「Step by Step feat. Full Of Harmony」は、FM10局の9月度パワープレイ (獲得数はメジャーインディ含め2位!)をはじめラジオでの大量O.A.や、フジテレビ「テラスハウス」で発売前にかかわらず楽曲が使用されるなど、大きな話題を呼ぶ。さらに、アルバムリリース前にかかわらず朝JAMに出演、会場を熱狂の渦に巻き込み話題のアクトとして好評を得る。
2015年、竹内朋康 & Friends / TOUR “COSMOS” 2015と題した全国ツアーの開催が決定!
古澤剛Cafe Live Tour2015 「春の声」
3月27日金曜日
18:30オープン 19:00スタート
チケット2800円
お申し込みはイープラスまたはレッドハウスまで

古澤剛
1983年 大分県竹田市生まれ
中学生の頃、ギターに出会い、作詞作曲、ライブを始める。
高校生の頃、先輩や友人の影響でロックミュージックを聴くようになり、バンドも始める。
高校卒業後、福岡にて5年間活動する。
2010年5月 上京。

毎週土曜日24:00から
エフエム秋田「週間Music Punch」に出演中
http://www.furusawa-takeshi.com/radio.html
2月22日日曜日
15:30オープン

16:00スタート

全自由¥4,000‐
(tax in・入場整理番号付・1ドリンク込)
※一部立見の可能性あり
チケット
ローソンチケット(Lコード:21474)
http://goo.gl/uqHesa

お問い合せ 090-7070-2654 佐藤まで


古村敏比古 http://www.g-gospel.net/FURUMURA/

中学・高校時代はベースを弾いていたが、 友人の影響でサックスをプレイしはじめる。
明治学院大学に進学しフュージョン系のバンドでプレイしながら織田哲郎らと出会う。
同大学在学中にYAMAHAのコンテスト「EastWest」に出場し、
審査員をしていた鳴瀬喜博に誘われ、バックスバニーに参加、
レコードデビューもバックスバニーのホーンアレンジとして果たす事になる。
金子マリ&バックスバニーのサポート、大学時代からの友人である織田哲郎や
北島健二らとのユニット「織田哲郎 & 9th IMAGE」などを経て、
1982年より浜田省吾の不動のライブメンバーとなる。
その他にも矢沢永吉、中村あゆみ、中島みゆき、竹内まりや、尾崎豊、B'z、
L'Arc〜en〜Ciel、CHAGE and ASKA、玉置浩二、吉田美奈子、TUBE、相川七瀬な
数えきれないほどのミュージシャンのレコーディングやライブで活躍する。
1991年、アルバム『ジプシープラネット』でソロデビュー。
現在までに11枚のアルバムをリリースしている。
1998年には、織田哲郎(Vocal,Guitar)、美久月千晴(Bass)、
小田原豊(Drums)とのバンド 「DON'T LOOK BACK」を結成。
現在までにシングル5枚、ミニアルバム1枚をリリース。
現在はソロ活動の他、古川村、カンフル罪などのユニットで活動。
内容
クリスマスに関連したキリスト教美術の絵画について、「受胎告知」や「イエスの誕生」など
おなじみの場面や有名な「聖母子」絵画についてお話いたします。
講師:土田 満貴子
   クリエーション・マキ代表
   オガーリア代表
   ローマ公認観光ガイド

オフィシャルウェブサイト http://www.tsuchida-makiko.com/

主催 クリエーション・マキ

会場 レッドハウス

日時 2014年12月21日 14:00〜16:00

参加費 1600円(ケーキ・飲み物込)要予約

定員 18名

ご予約、お問合せ 080−1663−3568
redhouse188@yahoo.co.jp
 
10月4日から11月3日まで開催の国民文化祭も残り、1週間となりました。多くの来場者で街がにぎわい、芸術、音楽、舞踊、舞踏などさまざまな出会いや発見を感じられる素敵な機会ですね。第81回のグリーンドリンクスは、「文化」×「まちづくり」をテーマに開催します。国民文化祭を振り返りながら、継続的に、魅力的な文化が感じられる街づくりについて語り合います。会場は仲小路のレッドハウス、国民文化祭フィナーレの翌日に開催します。

◆◆◆第81回グリーンドリンクス〜「文化が感じられるまちづくり」〜◆◆◆
◇日 時:11月4日(火) 19時〜21時30分
◇場 所:Cafe&Bar Redhouse
     住所:秋田市中通2丁目1-22フラワーおの2F
     TEL: 018-836-0588
◇会 費:1000円(ワンドリンク+おつまみ) おかわり500円 

*)当日は「パブクイズ」、「3分スピーチ(有志)」も実施します。

グリーンドリンクスとは〜「環境」や「社会」のこと飲みながら気軽に語り合う会です。関心がある方はどなたでも参加でき、これまで、主婦、学生、留学生、社長、会社員、デザイナー、新聞記者、お医者さん、行政の方、起業家、科学者等、と様々な方々が参加しています。

参加者は事前にご連絡いただけると助かりますが、
もちろん、当日のアポナシ参加も大歓迎です。
ご興味のある方は気軽にご参加ください

SiNG 武内
090-2363-0398
sing_japan@hotmail.com



いよいよ来週に迫りました!

Back to the Basic feat 名雪祥代 SPECIAL LIVE

11月3日月曜日(祝日)
20時30分開場 21時開演 
チャージ2,500円1drink

北田了一(pf)佐藤弘基(b)安ヶ平勇人(dr)
名雪祥代(saxophone)
宮城県古川女子高等学校(現・黎明高等学校)出身。
昭和音楽大学(神奈川県)器楽学科管弦楽科へ進学、途中演奏家コースに変更。その後、より学びを深めるために同大学院へ進学。
大学卒業時、優秀賞を受賞して卒業、大学主催卒業演奏会に出演ほか、読売新人演奏会出演、コンセールヴィヴァン新人オーディションにて優秀賞受賞、受賞者コンサートに出演、昭和音楽大学オーケストラとコンチェルトソリストとして共演。在学中からプロオーケストラでのエキストラ出演他、自身のカルテットなどでリサイタルを開催するなど、クラシックプレイヤーとしての研鑽を積んだ。

2003年、仙台へ拠点を移す。その時、定禅寺ストリートジャズフェスティバルに感銘をうけ『音楽の楽しさの再発見と自身の可能性』を広げるべく、ジャズプレイヤーへの転向を決意。
故・岩浪洋三氏(ジャズ評論家)企画のジャズライブ(六本木・吉祥寺など)にゲスト出演したことをきっかけに、東京へも活動の枠を広げ、数々の著名なプレイヤーとの共演を重ねている。

その演奏は、正確なサクソフォンの奏法に裏付けされたテクニックと、歌心溢れる女性的な表現力、男性的な力強いサウンドの両方を併せ持つと定評がある。

現在はジャズプレイヤーとして仙台を中心に東北各地で演奏活動をする傍ら
ヤマハ音楽教室講師、仙台ジャズスクール講師として、音楽の楽しさを伝える仕事にも力を入れている。
クラシックサックスを宗貞啓二、武藤賢一郎、古溝徹の各氏に、ジャズサックスを津上研太、安田智彦の各氏に師事。




11月12日水曜日
19:30オープン 20:00スタート
4500円1ドリンク付

Led Zeppelinの曲のみ演奏する
疾風怒濤のピアノトリオ!

 

メンバー
北田了一(pf)佐藤弘基(b)安ヶ平勇人(dr)
feat 名雪祥代(s)

11月3日月曜日(祝日)
20時30分開場 21時開演 
チャージ2,500円1drink